野菜たっぷり!ご飯が進む『銀だらの和風ごまあんかけ』

スポンサーリンク
おかず

調理時間:15分

寒い季節に食べたい、ぽかぽか温まるお魚のおかずです。
野菜たっぷりで、とろとろの餡でご飯がすすむ!
和だしにごま油の香りを効かせた、食欲そそられる一品です。

 

銀だらの特徴

銀だらの旬:秋から冬

maki
maki

銀だらは見た目が真だらと似ていますが、白身魚でありながら脂がのっていて、加熱しても硬くなりにくいことが特徴です。 しっとりほろほろの身をお楽しみください!

材料

・アラスカ産銀だら(切身) 2切れ
A酒 小さじ2
Aおろししょうが(チューブ) 3cm
・片栗粉 適量
・サラダ油 大さじ1
B小松菜 1株
Bにんじん 5cm
B玉ねぎ 1/2個
C水 200ml
Cめんつゆ 大さじ2(4倍濃縮)
Cごま油 大さじ1
C片栗粉 小さじ1

作り方

①アラスカ産銀だら(切身)は食べやすい大きさに切る。
にんじんは千切り、玉ねぎは薄切り、小松菜は5cm長さ程度に切る。
ポリ袋にA【酒、チューブ生姜】とアラスカ産銀だら(切身) 2切れを入れて揉んだら、片栗粉を加えてまぶす。

②フライパンにサラダ油をひいて弱めの中火にかける。銀だらを入れて蓋をし、こんがりと焼き色がつくまでじっくり蒸し焼きにする。

③弱めの中火のまま、銀だらをフライパンの端に寄せる。空いたところにB【小松菜 1株、にんじん 5cm、玉ねぎ 1/2個】を入れてしんなりするまで炒める。C【水 200ml、めんつゆ 大さじ2、ごま油 大さじ1、片栗粉 小さじ1】を加えてとろみがつくまで混ぜる。

ポイント

・②で火が通りにくかったら、少し酒を加えて蒸し焼きにしてください。
・野菜はありあわせのものでOKです。

 

⚫︎スワイプでご覧いただけます!

⚫︎こちらでレシピ開発をさせていただきました!

 

タイトルとURLをコピーしました